クラウン ステイタス

車を持つことで得られるステイタス

トヨタの代表的な高級車種がクラウンであったころ、国民的女優吉永小百合さんのナレーションで「いつかは、クラウン」という思わせぶりな台詞が流されていたテレビコマーシャルを昨日のことのように思い出します。
同時にその頃トヨタは、「車は走る凶器です」というセンセーショナルなコマーシャルも流し続けていました。

 

良きにつけ悪しきにつけ、日本のモータリゼーションが勃興期を過ぎてもまだ成熟期には至っていなかった当時は、ユーザーの側にもクルマに対する思いが交錯していた時代です。

 

車のハンドルを握るということは、交通事故の被害者になるより加害者になる可能性が高いというダーティな側面があることを理解しておかなくてはなりません、とトヨタはカーメーカーの立場で車という商品の特殊性を社会に訴えたともいえます。

 

その一方で「いつかは、クラウン」という品格の高いCMを流し、車を持つことで得られるステイタスを社会的地位向上と同化させ、消費者の心を揺さぶり続けました。
結局、まだ道路が未整備で事故も多かった時代でも、ステイタスの象徴としての車は事故の恐怖を上回る勢いで消費者に受け入れられ、免許取得者は競ってオーナードライバーの道を辿って行くようになり、その頂点がクラウンだったのです。

 

最近知人が車を売りましたが、車を売却してよかったみたいです

 

最近知人が車を売りました。
その知人は70代で、交通のアクセスがいいところに住んでいます。

 

夫婦二人だけの生活なので、買い物もそれほど多く買う必要もないし、スーパーが徒歩圏内にあり、車を昔ほど使うことがあまりなくなったため、車を売却しようと決めたそうです。
税金も車を所有しているのみでもかかってきますね。

 

いくつかの業者に車の査定を依頼したそうですが、業者によって結構金額が違っており、最も高く買取してくれる業者はあまり担当の人の感じが良くなくて、トラブルが契約した後に生じるのも困るため、価格、アフターサービスなどを総合的に考慮していい業者を選んだそうです。
ちなみに売却した車は、どちらかといえば数年しか使っていない高級車のようでした。

 

最終的に、ここのサイトで車を売却してよかったみたいです
車が無くなったためによく歩くようになり、収納スペースが車庫には増え、税金もかからなくなり、などいろいろメリットがあったそうです。

私のパパは車が大好き。
若い頃からいろんな車に乗っていました。

 

かなり小さいときにムスタングに乗ってた記憶だけあります!そこから、会社の車に乗る日々が始まり、よくも悪くも車好きだけど、ずっと会社の車に乗っていました!それが、独立し、自由に車に乗れるようになったら、突拍子もない車に乗り始めたのです(笑)リンカーン、ジャガー、キャデラック…。
学生時代に学校にリンカーン、キャデラックで迎えにきたら、どんなお嬢様かと間違われ(笑)、男子には乗せてと言われたりf^_^;コンビニで若い男の子に見せてくださいと集まって囲まれたり(笑)、とにかくそんなアメ車が大好きなうちのパパ!これがファザコンかもしれませんが、まぁ、似合わないようなパパでもないんです(o(*゚▽゚*)o)とにかく、一時期そんな車にばかり乗っていました。

 

今も我が家にはベンツとBMWのオープンカーの二台が停まっています!しかもBMWは赤なので、甥っ子はカーズだーと今、大興奮(笑)そんな家で育った私…未だに運転は下手です(ーー;)だって、家に練習できたり乗れる車なかったんです(笑)。

続きを読む≫ 2014/07/16 07:36:16

花の都パリでは、ヴェリブというシステムがあります。
これは、パリの自治体が運営するレンタサイクルシステムのことで、今ではすっかりパリジャン、パリジェンヌの生活の足として定着しています。

 

しかし、それでもまだパリの交通渋滞は根本的な解決を見ません。
そこでパリの自治体は、次の矢を放ちました。

 

それが「オートリブ」というものです。
今場、ヴェリブの自動車バージョンと言ったところでしょうか。

 

街のいたるところに、レンタカーのステーションを設置します。
利用者は、クレジットカードや運転免許証を使ってあらかじめ利用登録をしておきます。

 

ステーションに足を運んで、そこに車があれば手続きをして乗って行きます。
返却の際には、最寄のステーションに返却をすればいいのです。

 

オートリブで使われる車両は、電気自動車です。
排気ガスも全く出ませんので、地球にもとても優しいです。

 

ステーションには充電装置も設置されていますので、返却時に充電しておけば、次に借りる人は満タン状態で借りられるのです。

続きを読む≫ 2014/06/21 07:35:21

インサイト

 

インサイトは、トヨタ自動車のプリウスをライバル車とするホンダのハッチバック型ハイブリットカーです。
初代がデビューしたのは1999年で、世界最高水準の低燃費性が注目されていました。

 

2006年に一旦生産終了となりますが、2009年には大幅にコンセプトが変更されて復活し、その年の登録者販売台数はハイブリッッドカーとして初めて首位を獲得しました。
以来、ホンダの中心車種としてたくさんのドライバーからフィットと並ぶ人気を集めています。

 

エクステリアはスポーティーなデザインで、空力性能が求め抜かれた独特のフォルムとなっており、アスリートのように引き締まったボディは細部にいたるまでホンダのこだわりが見られます。
カラーは上質さを楽しめるアラバスターシルバーやクリスタルブラックなどのカラーが用意されており、5色の中から選ぶことができます。

 

走行能力も高く、スポーツカー並のパワフルな加速でハイブリッドカーとは思えないほどスムーズに路面を走っていきます。
足回りは高性能のサスペンションで、凹凸のある道路などでもストレスなく走行できるように工夫がされています。

 

また、ライバル車のプリウスよりもコンパクトなボディで、取り回しのしやすいサイズも多くのオーナーから定評がある部分です。

続きを読む≫ 2014/05/05 07:42:05

 車が好きな人には、一度は乗ってみたい憧れの車があると思います。
だけど、憧れがあっても金銭的に実現出来ないこともあります。

 

父は車が好きな人で、私が小さな頃から何度か買い換えをしていたので私も父が乗っていた車種くらいは知っていました。
一時期、父はセダンタイプの車に乗っていました。

 

父はその車を気に入っており、当時子どもだった私も何となく「椅子がふかふかしていて気持ちいい」と感じていました。
しかし、ある時父はその車を手放し、次の車に買い替えてしまいました。

 

それ以降、父がセダンに乗ることはありませんでした。
セダンタイプの車以降に我が家にやってきたどの車も魅力はありましたが、私はセダンタイプの車のことを忘れられずにいました。

 

そして、その思いは憧れになり、「いつかはセダンに乗りたい」と思うようになりました。
けれども、車を運転するためには免許が必要です。

 

私は高校三年生の時に自動車免許を取得しました。
けれど、セダンタイプの車を買うお金など無く、免許を取って数年経った今でもセダンには乗っていません。

 

ただ、私が通っていた教習所では教習車がクラウンだったので、自分の車ではなくても、セダンに乗るという憧れは叶えられました。
それでも、いつか自分の車としてセダンタイプの車を手に入れたいと思い続けています。

続きを読む≫ 2014/04/11 07:40:11

ホーム RSS購読 サイトマップ